2018年08月10日

8/10 第4回大台町子どもしゃくり大会

8/10 第4回大台町子どもしゃくり大会

今日は大台町子どもしゃくり大会を実施しました。この活動は、大台町に残る鮎の伝統漁法「しゃくり」を伝承するため、若い世代に技術を指導し、川に親しみながら年長者から教わり技術習得するための体験事業です。宮川上流漁業組合さんのご協力のもと実施して4年目になります。
しゃくりは伝承者がすくなくなり現在危機的状況ですが、しゃくりの技術をお持ちの方に講師をお願いして、今のうちに覚えたいところです。午前中はしっかり方法を教わり、午後、実際に専用区で大会を実施しました。みんな狩猟者の目になってきて、上位者には景品も出るので凄く頑張ってしゃくっていました。何匹かしゃくった参加者は受賞商品の授与をして終了。楽しかったでしたか?最近は水辺で遊ぶ子どもが減り、そうすると釣りやしゃくりをする子どもも減りますが、固有の伝統技術が失われていくのはとても残念なことです。できる限りこのような地域文化を残すため、今後もこのような活動を続けていきたいと思っています。ご協力いただきました、宮川上流業業組合さん、本当にありがとうございました。
RIMG0879.jpg RIMG0878.jpg
RIMG0885.jpg RIMG0877.jpg
RIMG0871.jpg RIMG0876.jpg
RIMG0874.jpg RIMG0875.jpg
RIMG0888.jpg RIMG0886.jpg
RIMG0865.jpg RIMG0869.jpg
RIMG0863.jpg DSCN8145-1.jpg
DSCN8142-1.jpg DSCN8151-1.jpg

posted by 大杉谷自然学校 at 19:00| Comment(0) | 活動日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

6/8 マイしゃくり竿を作ろう!③(H30年度文化庁・伝統文化親子教室事業)

この日は、マイしゃくり竿を作ろう!③を開催しました。
今回は、前回曲げた竹に割れを防ぎ、仕掛けをつけるための糸を結ぶ作業を行いました。
太い元の方は結びやすいのですが、先に行くにつれ細くなり結びにくくなる、なかなか難しい作業です。
結び方も固結びや蝶々結びではなく特別な結び方をするので、子どもたちは「こんな結び方があるんだ!すごい!」と昔からある技に驚いていました。
全員無事に結ぶことができ、段々と竿が完成に近づいていきました!
残す次回は、重りとなる鉄芯を組み合わせ、長さやバランスを調整し、針をつけるだけになりました。
難しい作業も集中し取り組んでいたので、きっと素敵な竿ができるはずです!



RIMG8836.jpg RIMG8835.jpg
RIMG8832.jpg RIMG8833.jpg
posted by 大杉谷自然学校 at 18:00| Comment(0) | 活動日記 | 更新情報をチェックする